買取の流れ

ダイヤモンド見積査定と買取の流れについて

ダイヤモンドを買取してもらうというのは、かなりポピュラーなことになってきており、多くのお客様が新しい宝石などを購入するために手持ちをダイヤモンドを売却することが多くなってきています。この見積査定や買取の流れにはいくつかの方法があります。まず、一つはオーソドックスなものですが、店頭での買取です。実際に買取店に出向き、商品を持参して見積してもらいます。査定員が商品をきめ細かく鑑定して見積査定を行ってくれますので、金額に納得すれば商品と引き換えに現金でその価格の金額を受け取ることができるというものです。また、持ち歩くのが苦になるような場合には、出張買取をしてくれる店も多く存在します。

こちらの場合には事前に予約する必要がありますし、場所によっては出張できないところもありますので、事前に確認が必要となります。出張買取の場合には担当者が実際に出張して商品を査定してくれますので、こちらも納得のいく金額であれば提示された現金で受け取ることができます。あまりの高額なものでない限り、基本的には現金での受け渡しとなりますので、店頭での取引と同様のサービスが受けられますし、なにより複数の商品などを持っている場合には、大変便利なものとなります。

さらに、店頭に足を運べない方にとって、さらに便利なサービスが、宅配による買取です。買取のための見積査定してほしい商品を梱包して送りつけるだけで、査定から入金まで行ってくれます。ただ金額が合わないときには返品ということになってしまいますので、発送関連で紛失したりしないように注意が必要ですし、高額なものになると保険なども考えて起きませんとリスクが伴うものになります。したがってあまり高額なものについては、やはり持ち込みか出張買取をしてもらうのがベストであると考えられます。

なお、こうした見積査定の場合には、できるだけ、鑑定書や保証書といった購入時の情報を提示することができると、より正確な金額を見積してもらいやすくなります。ちなみに鑑定書というものがつくのはダイヤモンドだけで、いわゆる4Cと呼ばれるグレードが詳細に記載され、カット、カラット、カラーグレード、クラリティなどが詳細に記載されていますので、売却の鑑定の際には非常に役にたつものですので大切に保管しておくことが、スムースに取引をするための大きなポイントとなってきます。特にこうした鑑定書は複数の鑑定士によって判断さらたものが多いため、かなり信憑性が高まるのです。